赤ちゃんに紫外線はよくないの?

紫外線は赤ちゃんも大人も避けるべき

春先から夏になると紫外線はどんどん強くなります。
そのため、大人が外出をする際にもしっかりとしたUV対策が重要になってきます。
大人の場合には自分の肌に合わせながらUV カットのクリームなどを使用することができますが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか?
赤ちゃんにとって紫外線対策が必要なのかと疑問視する親御さんもいるようです。

冷静に考えてみればわかることですが、大人であっても強い紫外線を浴びてしまうのはお肌に対しての影響がよくありませんので、当然のように赤ちゃんも紫外線から守ってあげなければなりません。
また赤ちゃんの場合には小さな体で紫外線それから、太陽の熱を受けてしまいますので、長時間の外出の際にはしっかり気をつけてあげないと後で高熱を出してしまうこともあります。
外出先で脱水症状を起こしてしまうこともあるので、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

デリケートな赤ちゃんの肌に紫外線はダメージが大きい

大人でも紫外線は浴びてしまうことはシミ予備軍を作ったり、その他にも肌のくすみを作ったりするといわれています。
赤ちゃんの肌は大人の肌に比べるととてもデリケートですので、紫外線のダメージは大人より大きなものになってしまいます。
シミやくすみができるというよりも、それ以前にひどい日焼けの状態となってしまい、皮がむけることや炎症を起こしてしまうこともあります。

また赤ちゃんの肌質によっては湿疹ができてしまうことや、化膿しているジクジクになってしまうこともあるのでお肌を守ってあげなければなりません。
近年では赤ちゃん用のUV カットができるクリームなどが販売されているので、こういったものを使ってあげると良いでしょう。
くれぐれも大人と同じような成分が含有されているものではなく、赤ちゃんのお肌に悪影響を与えない成分で作られているものをセレクトしましょう。

外出時はUV対策をしっかり行うこと

外出をする際には必ず赤ちゃんの肌を守るためのUV 対策を考えておきましょう。
赤ちゃんに帽子をかぶせることや、そのほか、ベビーカーで出かける際にも日よけをかぶせるなどという工夫が必要になります。
またこれ以外にも前述の通り赤ちゃんの肌を守るためにクリームなどを使って紫外線から徹底的に守りましょう。

歩くようになったお子様は公園などで遊ぶ事も多くなり、紫外線を浴びる事も増えてきます。
そういった中で紫外線から子供の肌を守ってあげるためには、まず第1に帽子が大切です。
プールなどで遊ぶ際には可愛らしい水着よりもラッシュガードなどを着用させ、お肌を守ってあげる方が良いでしょう。

また、海やプールで遊ぶ際にはしっかりと日差しを遮ることができるコンパクトタイプのテントなどを持参し、涼しい環境を作ってあげる事も大切になります。
真夏などは長くても1時間程度にとどめ、それ以上の時間は直射日光に当たらないように親御さんがしっかり時間配分を考えていきましょう。