薬の飲ませ方のコツは?

お子さんに薬を飲ませる

お子さんに薬を飲ませなくてはいけないのに、なかなか素直に飲んでくれない、というケースは珍しくありません。
特に、小さなお子さんの場合はこうしたことがよく起こりますよね。

しかし、病気や風邪の治療には薬を飲む必要がありますし、飲んでくれない、では困ってしまいます。
そのたびに病院にいくわけにもいきませんし、何か対策をとる必要があります。

お子さんによっては、薬をそのまま飲んでくれないことがあります。
こうした場合、食べ物に混ぜて摂取させようとする方は意外に多いのですが、これはあまりお勧めではありません。

薬を食べ物に混ぜるというのは現在でも多くの方が行っていますが、この方法だと薬の効果そのものが薄れてしまうことがあります。
また、お子さんが成長するにしたがって味覚も発達しますから、食べ物に混ぜたところでばれてしまうことも考えられます。

成長すると当然薬の量も増えてきますから、食べ物に混ぜるといった方法も使えなくなってしまうのです。
どうしても薬をそのまま飲めないときにはこうした手段も必要となってきますが、主食などに混ぜてしまうとその主食自体を嫌いになってしまい、食事を摂らなくなる可能性もありますから注意が必要です。

薬を飲むのを嫌がるお子さんの場合、一度ダメだったからといって諦めてはいけません。
子どもはそのときの雰囲気で喋るものですから、少し時間を置くだけで素直に飲んでくれる時もあります。
また、1歳を過ぎている子どもなら、大人の話していることは理解できるようになります。
薬を飲むと体にどんな良いことがあるのか、ということをしっかりと説明することで素直に飲んでくれることもあります。

薬をちゃんと飲めた場合には、大げさなくらい喜んであげましょう。
それと同時に、「よく飲めたね」としっかり誉めてあげることが重要です。
誉めてあげることで、薬を飲むということに抵抗がなくなり、自ら進んで薬を飲むようになったりもします。

飲みやすい薬を処方してもらう

病院で薬を処方して貰う場合、お子さんが飲みやすいような甘い薬をリクエストするのも良い方法です。
お子さんによっては甘い薬なら平気で飲めるということもありますから、試してみる価値はあるでしょう。

子どもは現金なものなので、薬を飲みたくなるような雰囲気を作ってあげるだけで案外素直に飲んでくれることが多いです。
保育園などで他のお友達が普通に薬を飲んでいるのを見て、素直に薬を飲めるようになった、というお子さんも実際にいます。

お子さんが自分から薬を飲めるようになるような、そんな雰囲気を作ってあげることも必要です。
一番いけないのは、飲まないからといって無理やり飲まそうとすることです。
これは逆効果になってしまいますから、決してしてはいけません。