赤ちゃんの首がすわる時期は?

生後三ヶ月になると首が座ってしっかりしてくる

生まれたばかりの赤ちゃんは、体がふにゃふにゃとしていて抱っこをするにも慣れていないと怖いと感じてしまうものです。
赤ちゃんは首がすわることを一つの区切りとして、ある程度体もしっかりしてきたと判断することができます。
赤ちゃんの首がすわってくると今までは横抱きだったものが縦抱っこをできるようになり、お母さんやお父さんも外出する際などに少し楽になってきます。

また、赤ちゃん自身も縦抱っこをすることによって様々な景色が見えるため、ご機嫌にしていてくれるという部分でも大きな成長があります。
実際に生後何ヶ月で首が座るのかというのは多少の個人差がありますが、平均すると3ヶ月程度でしっかりと首が据わってく赤ちゃんが多いようです。

個人差があるので四ヶ月頃までは様子を見る

上記のように3ヶ月をめどに、赤ちゃんの首がすわってくることを心待ちにする親御さんがたくさんいます。
しかし3ヶ月を過ぎてもまだ不安に感じてしまうというご家庭もあるようです。
その場合であっても4ヶ月頃までは様子を見ていきましょう。
必ずしも全ての赤ちゃんが3ヶ月で完全に首がすわるわけではありません。

上記の通り個人差がありますので、3ヶ月を過ぎても少々首のすわりがおぼつかないという赤ちゃんがいるのも当然。
4ヶ月を過ぎても首がすわらないようであれば、一度検診時などに相談してみた方が良いですが、そうでない場合には、ゆったりと構える気持ちで赤ちゃんの成長は待ってあげましょう。

10年以上前に比べると最近の赤ちゃんは成長も著しく、首のすわりなども早いケースがほとんどです。
2ヶ月を過ぎたあたりから縦抱っこを好む赤ちゃんなどもいるほどですから、こういった部分でもやはりお母さんが食べているものも昔とは違い、栄養満点でお腹にいる頃からたっぷりと栄養を得ているため、骨格などがしっかりしていることがうかがえます。

首が座っても抱っこの時はしっかりホールドする

3ヶ月そして4ヶ月を過ぎると赤ちゃんの首もしっかりと座ってくるのですが、このような状態になっていても、抱っこをするときにはしっかりとホールドしてあげましょう。
首が据わっているからといって片手だけで赤ちゃんを抱いてしまうと、赤ちゃんが向きを変えた際や顔の向きを変えた際にバランスを崩してしまうことがあります。

もちろん親御さんが抱っこしていて落としてしまうことはありませんが、ハッとする瞬間があるので注意してください。
また赤ちゃんがのけぞってしまうようにバランスを崩してしまうと、瞬間的に赤ちゃんが背骨などに痛みを感じてしまい大泣きをすることがあります。
お母さんやお父さんであればこういった部分をしっかりとホールドしてあげることができますが、上にご兄弟がいて、上のお子さんが赤ちゃんを抱っこしている時などは注意しながら見守ってあげましょう。