こどもが熱を出したときの対処法は?

お子さんが熱を出した時の対処法

お子さんが熱を出してしまった場合には色々と慌ててしまうこともあると思います。
しかし、あまりご両親が慌ててしまってはかえってお子さんを不安にさせてしまいますから、あくまで落ち着いた対応が必要となります。

お子さんが発熱したときの対処法ですが、多くの方は未だに氷枕などを用いているのではないでしょうか。
昔から行われている方法ですし、実際に頭を冷やすと熱が下がっていくような感覚に陥るのは確かです。
ただし、人間の体というのは頭だけを冷やしたところで熱が下がるということはありません。

これは、あくまで気持ち良いかどうかというだけの問題で、氷枕などで頭を集中的に冷やしたからといって熱が下がることはありません。
多くの方はここを勘違いしていることがありますから注意が必要です。

また、お子さんが氷枕を喜んでいるのなら良いですが、人によっては嫌がる子供に無理やり氷枕を使おうとすることもあります。
これは全く逆効果なので、もし該当するという方がいれば、すぐにでもこうした行動は見直すようにしてください。

後遺症が残ることはある?

熱が長く続くと後遺症が残ってしまう、と心配している方もいますが、実際にはそんなことはありません。
また、解熱剤は子供の体に悪いから、といって全く使おうとしない親御さんもいますが、子供用に処方された解熱剤や、子供用として市販されている薬の多くは子供が使うことを考えて作られた品なので、そこまで心配する必要はありません。

お子さんが発熱した場合、高熱なら病院へ連れていくのも良い判断です。
当クリニックでも高熱を出したお子さんを連れられたお母さんがよく訪れます。
小児クリニックなら適切な対処をとれますから最も良い方法ですが、中にはなかなか病院に来れないという方もいるでしょう。

そうした場合は、子供用の解熱剤を使用しつつ、できるだけお子さんが快適に過ごせる環境にしてあげることを考えましょう。
室温や湿度にも気を配り、熱を出して寝ているお子さんが寝苦しくないように配慮してあげることが第一です。

発熱しているときは普段よりも水分摂取が必要となります。
汗をかいて水分を外に排出していますから、普段よりもこまめに水分補給する必要があるのです。
これを怠ってしまうと最悪脱水症状になることも考えられますから、お茶や麦茶、カルピスといった子どもが好みそうな飲み物をたっぷり与えてあげるようにしましょう。

また、解熱剤を使用する際の注意点ですが、微熱のような場合に使用すると体温が下がり過ぎてしまうこともあります。
そのため、40度近い発熱や、それに伴うひきつけなどが起こる場合にのみ使用した方が良いでしょう。
薬の適量を守るということは絶対ですから、ここも注意しなければなりません。