痛い注射のあとにはご褒美を

病院を嫌がるお子さん

小さなお子さんにとって病院に行くというのはとても嫌なことに違いありません。
好き好んで病院に行っているというお子さんは多分いないと思いますし、恐らく多くのお子さんはお母さんに無理やり手を引っ張られて来院しているのではないでしょうか。

当クリニックにも、入ってきた途端に泣きそうな顔をしているお子さんはよく見かけますが、ただの診察ならまだしも、注射ともなったら大変です。
やっぱり小さな子どもはみんな注射が大嫌いですから、病院で一度でも注射を打ってしまうと、それから先病院にもなかなか行きたがらなくなるのですよね。

お母さんの中には、注射させなければと思い詰めるあまり、お子さんに嘘をついて連れてくる方もいますが、それは決して誉められたことではありません。
確かに、予防接種などでどうしても注射が必要となることはありますが、だからといって嘘をついて連れてきてしまうと、今後同じ手は通用しなくなってしまいます。

また、そればかりか人間不信に陥ってしまうことも考えられますから、嘘をついて連れてくるということだけはしてはいけません。

注射嫌いなお子さんはどうする?

注射嫌いなお子さんがいる場合、どうすれば良いのかという話ですが、まず、自宅でお子さんとじっくり注射の大切さを説明してあげましょう。
注射を打たなければどうなるのか、痛いけど注射は絶対必要なのだ、ということをしっかりと話してあげるべきです。

子どもだから理解できないのでは、と考える方もいますが、決してそんなことはありません。
最初からそのような気持ちを抱くのではなく、お子さんも一人の人間として考え、しっかりと説明をしてあげましょう。

それでも、注射は多少痛い思いもしてしまいますから、やはり終わった後には泣いてしまったり、大切さは理解できても注射を打ちたくないというお子さんもいます。
そうした場合には注射の後にご褒美を与えてあげましょう。

ご褒美は色々なものが考えられますが、玩具が好きなお子さんなら病院から帰る途中で何かを買い与えてあげるのも良いでしょうし、お菓子が好きな子ならお菓子を買い与えてあげると良いでしょう。
こうすることで、注射を受ければご褒美が貰えるとインプットされますから、今後注射に対しての恐怖心も和らげることができるでしょう。

注意点としては、毎回注射以外の診察などについてもご褒美を出していると、それが当たり前のようになってしまうことも考えられます。
あくまで注射のように痛い思いをしてしまう治療に関してのみご褒美という奥の手は使うようにした方が良いかもしれません。

まず注射というものに慣れて貰うことが重要ですから、慣れてくればご褒美を用意せずとも注射を受けるようになると思いますよ。