気管支ぜんそく

気管支ぜんそくの症状

気管や気管支が急に狭くなるために息苦しくなり、ゼーゼーと言った音やヒューヒューと言った音が呼吸をするたびに生じます。
状態が進行すると、横になることができず、座らなければ息苦しくなります。
咳や粘着性のある痰が出ることもあります。

このような症状は一過性のもので、気管支拡張薬などの吸引によっておさまります。
しかし、何日にも渡って呼吸困難が続くこともあります。
発作も突然おこります。

ぜんそくの多くは夜間から明け方にかけて起こります。
はじめはのどに違和感を感じ、ヒューヒュー、ゼーゼーといった音がしだし、呼吸が苦しくなってきます。
そののち、咳や痰が出てきます。

重症の場合は、呼吸がうまくできないため血中酸素濃度が低下し意識を失います。
指先や唇も冷たくなり、紫色になるチアノーゼ状態になります。

気管支ぜんそくの原因

気管支ぜんそくにはさまざまな原因が考えられています。
アレルギーによるもの、感染によるもの、自律神経失調が原因となることなどが考えられています。
気道に炎症があり、なんらかの刺激に対して、気道の筋肉が過敏に収縮して呼吸困難、ゼーゼーと言った音、咳が生じるのではないかとも言われています。

アレルギーによるものでは、ダニといった抗原に対し、アレルギー抗体が生産され、肥満細胞に結合します。
抗原が気道に侵入すると、アレルギー反応が生じ、肥満細胞から放出される化学伝達物質によって、ぜんそくの症状がでます。

ぜんそくが悪化する原因としては、飲酒、ストレス、激しい運動といったものがあげられます。
風邪などのウイルス感染も、アレルギー反応を誘因します。
他にも、気温の急激な変化、季節の変わり目、たばこなどの煙の吸引、女性では月経、妊娠といったこともぜんそくを誘因します。

ぜんそくの原因となるものには、ダニによるものが特に多く、ほかにもふけ、カビ、食べ物のかす、ペットの毛、植物、昆虫などもあります。
植物の中には、スギ、ブタクサ、ヨモギ、稲などもぜんそくの原因となることがあります。
食べ物の中では、そば粉、小麦粉、きのこの胞子、もみがら、ふとんの羽毛、卵、牛乳、チョコレートなどがアレルギー反応を誘因します。

ぜんそくの治療法

アレルギーを誘因するものが特定できれば、アレルゲンとなるものを除去します。
ぜんそくがおこれば、ぜんそく発作を気管支拡張剤で抑えます。
同時に普段から気道の炎症を抑えるため、副作用の少ない、吸入ステロイド薬を使用し炎症を改善して発作を予防します。吸入ステロイド薬は数日から1週間以上は吸入を続けないと効果がでません。
普段から吸入ステロイドを吸入することによりぜんそく発作を予防します。

ぜんそくは、重症になっていくほど息苦しいという自覚が鈍くなります。
気管がかなり狭くなっているにもかかわらず、重症であることの自覚がありません。
自宅で、または病院で呼吸機能を測定し自分の状態を把握しておきましょう。