プール熱

プール熱の症状

プール熱は、正式には咽頭結膜熱と言います。
夏にプールで感染することが多いため、プール熱と言われています。
以前に冬に流行したこともありますが、主に夏に多い病気で毎年流行しています。
プール熱の潜伏期間は5~7日ほどです。

このプール熱の主な症状としては以下のものです。
5日以上の38度~40度の高熱が続きます。
他に白目の部分が充血する結膜炎をおこし目の痛みを訴えたりする子供もいます。

更に目やにが増えたりします。
のどの痛みやのどの腫れと言った症状や、のどが赤くなったりします。
他にも、全身の倦怠感、食欲不振、下痢や嘔吐と言った症状がみられることがあります。

プール熱は、5歳以下の発症が約80%も占めています。
成人での発症はあまり多くありません。
プール熱は数日で治ります。
しかしときに肺炎を起こすことがあるので、注意が必要です。

プール熱の治療法

プール熱に対する特効薬はありません。
病院では、症状からプール熱かどうか診断されます。
病原ウイルスを特定するには、唾液、のどのぬぐい液などからウイルスやウイルス抗原を検出します。
プール熱の原因となるアデノウイルス抗原を検出するキットもあり、30分ほどでアデノウイルスがいるかどうかがわかります。

安静にして、十分な睡眠をとること。
水分補給をこまめにとること。
高熱でだるいときには解熱剤を使用。ただし熱が下がっても安静に。

のどの痛みには鎮痛薬を使用します。
めやに、目のかゆみ、眼球結膜充血などには、それぞれに適した点眼薬を使用。

症状を抑えつつ、自然治癒を待つしかないので、免疫を高めるよう心がけます。
高熱などの症状には特に水分補給を気をつけましょう。

幼児では特に注意が必要です。
高熱が続くときや水分補給が難しいときには早めに小児科を受診しましょう。
目の症状が強い場合には、眼科で治療をしましょう。

プール熱の感染ルートと予防

プール熱の原因となるアデノウイルスは感染力が強いため、手指を介した接触感染や唾液などを介した飛沫感染をします。
家庭をともにする兄弟間での感染も少なくありません。
ウイルスはのどや目からうつります。

ですから、手洗い洗浄消毒が大切です。
治ってからもしばらくは便の中にウイルスがいますので、食事前や排便後、おむつの取り換えなどには手洗いを徹底しましょう。
プールの際には水泳の前後のシャワー、目洗い、うがいをしっかりしましょう。

のどへの感染を防ぐためうがいも大切です。
タオルなども共用しないようにしましょう。
できれば兄弟間での感染を防ぐためにおもちゃなど直接触れるものには消毒をしましょう。

プール熱への感染が分かった場合、学校は出席停止になります。
発熱、眼球結膜の充血、のどの痛みなどの症状がなくなってから2日間は登校は控えましょう。