急性胃腸炎

急性胃腸炎の症状

突然の嘔吐や下痢といった症状で一過性のものです。
嘔吐といった症状は胃炎のため、下痢は腸炎のためです。

細菌性の場合は、嘔吐や下痢といった症状がでます。
重症の場合、血液が混入した下痢をしたり、発熱や腹痛をおこしショック状態になることもあります。
ウイルス性の場合は、水溶性の下痢をします。

急性胃炎には、感染によるものと毒素によるものにわけられます。
また細菌性のものとウイルス性のものにもわけられます。

急性胃腸炎の原因として、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフスと言った疾患があります。
これらは、場合によっては入院、消毒といった処置が必要になります。
腸管出血性大腸菌感染症は、職種によっては就業制限などがあります。
アメーバー赤痢、クロプトスポリジウム症、バンコマイシン、耐性腸球菌感染症は発症状況の調査が行われます。

食品などによって急性胃腸炎になることがありますが、免疫力の差によって同じものを食べても症状が現れたり、症状が現れても長期化したり短期間で治癒したりと様々です。
急性胃腸炎が全身に広がって、長期化した場合、肝炎、脳炎、腎炎、心筋炎と言った疾患を伴うこともあります。

急性胃炎の原因

急性胃腸炎は食品などで繁殖した細菌などが原因であることが多いですが、特定できることはあまり多くありません。
海外旅行などへ行って、現地の食材、飲み水で感染してしまうこともあります。

特に海外旅行などへ行った場合、疲れと飲みなれない飲み物、食べられない食材などで抵抗力が落ちて、急性胃腸炎になり
やすくなっています。現地の人が平気で食べていても、旅行者が胃腸炎になってしまうことも少なくありません。

急性胃炎の治療法

夏に突然に下痢が続いたりすると細菌性であることが多く、冬に下痢が続くとウイルス性であることが多くあります。
1,2回の下痢で快方にむかうなら、生菌製剤で様子をみてもいいでしょう。
下痢がおさまらない場合、悪化している場合、血便、膿性の血便が続くようなら病院へ行きましょう。

下痢、嘔吐がある場合、水分摂取がとても大切です。
経口で水分摂取が難しい場合はすぐに病院へ行きましょう。

入院した場合、点滴によって水分補給、栄養補給をおこないます。
同時に絶食によって腸管を休ませます。
急性胃腸炎の場合、重症の場合を除いて特別な薬を投与する必要はありません。
脱水症状に気をつけつつ休ませることが大切です。

急性胃腸炎の予防法

急性胃腸炎の病原体は体外でも長時間いきることができます。
トイレに行った後や食事前、おむつ交換の後などの手洗いは必ず行いましょう。
おむつなども密閉して破棄し、患者の便などでよごれた衣服も漂白剤などで消毒をしましょう。