じんましん

じんましんの症状

痒みをともなった赤い斑点や境界がはっきりとした扁平な隆起ができる疾患です。
急性じんましんは、数日以内におさまります。
慢性じんましんは、1か月以上にわたり出没を繰り返します。

個々のじんましんは数十分から数時間以内に消えます。
中には1日くらい続くものもありますが、何日も同じものが残ることはありません。
じんましんが改善されない場合には、古いものは消え、新しいものが次々と現れるため、常にじんましんが現れているように感じます。

位置が移動することもありますし、形も円形、地図状、線状などいろいろです。
コリン性じんましんは数ミリの隆起が体幹にあらわれます。

重症になると、顔がはれたり、気管支に症状が広がりのどが詰まった感じになったり、呼吸困難になったり、
ショック状態になることもあります。
また腸の粘膜に広がることもあり、下痢、腹痛と言った症状が現れることもあります。

じんましんの原因

じんましんは、皮膚の血管から水分がもれてむくみができる結果生じる疾患です。
原因は様々で、食べ物によるアレルギーやペニシリンなどの抗菌剤、アスピリンなどの薬剤によるアレルギー、虫刺され、ウイルス感染などです。
食べ物では、魚介類のさば、マグロ、いわし、いか、エビ、カニと言ったもの、肉類のブタ肉など、ほかにもそばやナッツと言った穀類、さといも、タケノコ、トマト、ホウレンソウといった野菜類はじんましんの原因になりやすい食品です。

他にも物に触れることによるもの、暑さ寒さの変化、日光に対するアレルギーなどもじんましんの原因になります。
コリン性じんましんは、神経の末端からアセチルコリンが分泌されることによって生じます。
このコリン性じんましんは、入浴や運動後汗をかくとじんましんがあらわれます。
疲労や精神的ストレスなどがきっかけで、じんましんが発症することもあるといわれています。

じんましんの診断方法

じんましんかどうかは視診で判断はつきます。
原因を突き止めるために、血液検査などでアレルギー反応を示す抗体を調べたりします。
はっきりとした原因を突き止められないことも多くあります。

じんましんの治療法

じんましんと言っても原因は様々なので、まず原因をできるかぎり突き止めます。
食物アレルギー、薬剤アレルギーなどで特定の原因を突き止められれば、原因となるものを除去、回避します。
原因となるものを除去、回避すると同時に、かゆみや湿疹の原因となるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬を使用します。
症状がひどい場合には、必要に応じてストロイド剤も使用し、症状を鎮めます。

コリン性じんましんは、そのほとんどがだんだんと現れなくなります。
またコリン性じんましんがひどいときには、運動や入浴は控えたほうがいいでしょう。