インフルエンザ

インフルエンザの症状

インフルエンザインフルエンザウイルスによるウイルス性呼吸器感染症です。
このインフルエンザは1~3日間の潜伏期間があります。
鼻水、咳、のどの痛み、吐き気、嘔吐、下痢と言った症状がでます。
頭痛、関節痛、筋肉痛と言った症状が出ることもあります。

重症化しなければ、1週間~10日ほどで回復にむかいます。
乳幼児は、免疫、抗体がなく重症化しやすく、高熱に伴う熱性けいれんを起こすこともあります。
まれに急性脳症を発症することもあります。
高齢の方は、免疫などが低下していて、肺炎を併発することもあります。

一般の風邪はのどの痛み、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が主にでます。
発熱もインフルエンザほど高まりません。
インフルエンザになると38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛と言った症状が突然でます。
またインフルエンザは流行期があり、流行しだすと短い間に多くの人へ感染します。

インフルエンザの原因

インフルエンザはインフルエンザウイルスによっておこります。
そしてインフルエンザは、飛沫感染によってひろがります。

インフルエンザは対症療法になります。
高熱であれば、冷却し、解熱薬を用います。

咳などの症状には、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン薬、気管支拡張薬などを用います。
消化器系の症状であれば、整腸薬などを用います。
解熱したときや下痢の時には、特に水分が不足するので、水分補給には気を付けましょう。

抗ウイルス剤による治療法もあります。
インフルエンザウイルスには、A、B、C型があり、Aソ連型とA香港型、B型が主に流行します。

A型に対しては、アマンタジン(シンメトレル)を使用していましたが、耐性ウイルスが出現したため使用しなくなりました。
A,B型両方に対して効果があるものとしてノイラミニダーゼ阻害薬(タミフル、リレンザ)が使用されますが、タミフル耐性のAソ連型ウイルスも出現しています。
これらは、発症2日以内に治療開始しなければあまり効果がみられません。

タミフルは服用後に異常行動として転落死が起きているという報道がなされています。
そのため、10歳以上の未成年に対しては、原則的にタミフルの使用は控えられています。

インフルエンザの予防

現在インフルエンザワクチンの予防接種が行われています。
この予防接種は、重症化するのを防ぐ目的で、65歳以上の高齢者や60歳以上の心肺疾患を持つ人を中心に行われています。

インフルエンザは飛沫感染するので、発熱、咳、くしゃみといった症状がなくなるまで登校、出社は停止しなければなりません。
予防としても手洗い、うがいに注意することが大切です。
空気が乾燥していると気道粘膜の防御機能が低下するので、インフルエンザにかかりやすくなります。
部屋に加湿器などを置いて、適度な湿度を保つことも大切です。