あせも

汗疹について

汗疹という疾患に掛かったことがない方は恐らくいないのではないでしょうか。
これは、成人した大人でも発症することがありますし、子供にもよく起こる疾患です。

汗疹という症状をご存じないという方はいないかもしれませんが、どのようなメカニズムで汗疹が引き起こされてしまうのか、ということは意外に知られていません。

人間は体温調節を行うため、常に汗をかきます。
汗は汗管という管を通り、皮膚の上に出てくるのですが、この管の出口が塞がれてしまうことにより汗が皮膚上に出てくることができなくなってしまうのです。

汗が皮膚の表面で乾燥してしまうことにより、新たに排出されようとしている汗が皮膚の中に溜まってしまい、それが原因となって炎症を起こしてしまうのです。
これが汗疹と呼ばれる症状の正体です。

汗疹は汗をかきやすい方や、夏場に起こることが多いです。
そのため、汗疹にならないようにするにはなるべく汗をかかないようにする、ということが最も基盤となる対策でしょう。

屋内ならなるべくエアコンを使用するなどして適度な温度に保ち、発汗を抑えることで汗疹を防ぐことができます。
また、汗疹はかいた汗をそのまま放置することで症状が出てきますから、汗をかいたらすぐに着替えるというのも対策方法としては有効と言えるでしょう。

子どもだけでなく大人も

大人でもなることの多い汗疹ですが、子供は更になり易いというのをご存じでしょうか。
汗を体外に排出する汗腺の数は、大人でも子供でもそう大差ないと言われています。
そのため、子供の小さな体では汗腺が密集してしまうため、余計汗疹という症状が発生しやすいのです。

また、子供は大人に比べて皮膚のバリア機能が発達しておらず、些細なきっかけが原因で湿疹や皮膚炎となってしまうことがあるのです。

子供の汗疹対策はいくつかありますが、小学生くらいの子供であれば、自分で汗をしっかりと拭くように指導することである程度対策とすることができます。
汗疹になってしまうと痒みが生じるため、掻き毟ってしまうこともありますが、そうしたことをしないように指導することも大切です。

こちらのサイトでは赤ちゃんや子どもの辛い汗疹の予防法や治し方について、詳しくまとめられています。
こちらも一度目を通してみると良いかもしれません。
>>あせもの治し方|TREND STYLE

汗疹ができてしまうと、夜寝ているときなどに無意識に掻き毟ってしまい、肌が傷ついてしまうことも多々あります。
できるだけ皮膚を清潔に保ち、汗をかきにくい環境で生活させる、ということが必要となってきます。