はやり目

5歳までの子どもは、はやり目になることも多い

はやり目というのは流行性結膜炎ともいわれています。
はやり目はアデノウイルスという感染源がはっきりとしていて、感染してから長いケースで二週間ほど潜伏しています。
このような潜伏期間を経て必要以上に涙が出てきたり、少しの光が眩しいと感じるなどの症状が次々に現れます。

また、まぶたが腫れてしまうことや、むくんでしまう事も珍しくありません。
目には充血が見られ、場合によっては発症してから1週間後前後に角膜が濁って見えることもあります。
さらにひどくなると、目の症状だけではなくリンパ節が腫れてしまうことや圧迫されるような痛みが出てくることもあるため、中耳炎を疑うという親御さんもいるようです。

はやり目は特に1歳から5歳のお子様に感染することが多く、特に夏場は注意が必要になってきます。
万が一はやり目になってしまった場合には、しっかり治るまで保育園や幼稚園への登園、学校への登校などは禁止されています。

効果的な治療薬がない?

はやり目の原因となるアデノウイルスに対して、現時点でこれだという効果的なお薬は開発されていません。
とはいえ治らないものではなく、適切な処置を行うことによって症状を押さえ短期間で治癒させることが可能です。
また、実際に目に起こっている症状があるどんな原因なのかということを調べるためにも必ず眼科を受診しましょう。

そのまま放置していても3週間程度で自然に治っていくのですが、その期間中に他の細菌などの影響を受けると、症状が酷くなります。
そのため眼科を受診した後抗菌作用のある点眼剤で治療を行っていくというのが一般的です。
角膜に対する濁りが出てしまっている時にはステロイド薬を使用したお薬での点眼を行っていくことになります。

伝染力が非常に強いため、前述の通り、学校や保育園、幼稚園などへの出席は禁止されています。
こちらに関しては、学校保健安全法によって指定されていますので、しっかり治るまでは自宅で療養をすることを意識しましょう。

痛みが出てこすると悪循環が続きやすい

はやり目の症状の中には、前述の通りまぶたの腫れやむくみ、充血などがあります。
また涙がたくさん出てしまうことから、どうしても子供は目をこすってしまうことが増えるでしょう。
そういった状況の中目をこすってしまうことによって悪循環になります。
症状がどんどんひどくなり、目の腫れなども大きくなってしまいますので、できるだけ触らないように保護者が見守ってあげましょう。

眼科でも指示されますが、目をこすらないことだけでなく、ご家族の中でもはやり目の患者さんだけは別のタオルを使うことなどを心がけなければなりません。
またお風呂に入る際にも患者さんが一番最後に入ると行った工夫が必要になります。
小さなお子様がはやり目になってしまうと親御さんにもする可能性があるため手洗いなどを徹底し、できるだけ感染しないように気をつけましょう。
お子様が目を痒がって触ってしまうときには少しタオルで冷やしてあげるといった方法や、抱っこしてゆっくり寝かせてあげるなどと言った方法も触ってひどくすることを防ぎます。