手足口病

手足口病とは?

手足口病とは、口の中や手足に発疹が出る病気のことを言います。
この病気も主に子供が掛かるのですが、まれに大人が掛かることもあります。
5歳以下の子供の発症率が最も高く、90%以上を占めています。

手足口病の原因は、コクサッキーA群、もしくはエンテロウイルスなどの数種類からのウイルスによるものです。
主な感染経路は飛沫感染で、既に感染している患者からの咳やくしゃみが原因となり感染してしまうことが殆どです。

手足口病の原因となるウイルスは判明していますが、そのウイルスに対する薬はないというのが現状です。
予防接種などもないため、防ぐことは非常に困難な病気の一つでもあります。
予防する方法としては、風邪をひいている子供になるべく近づかない、ということが挙げられますが、ウイルスは数週間程度便の中や鼻水の中に滞在しますから、完全に防ぐということはやはり現実的ではありません。

これといった治療法がないため、基本的には口の中にできた発疹に対する痛みの緩和がメインとなります。
あとはこまめに水分補給するといった方法くらいしかありませんが、基本的には1週間から10日前後で自然治癒するケースが殆どです。

なってしまった場合の対策

口の中にできた発疹が破れてしまったりすると、痛みを生じますから、それが原因で食事が摂りにくくなってしまうことがあります。
そのため、あまり噛む必要のない食事にしてあげるというのは良い方法です。

なるべく柔らかい食材を用いた料理にし、刺激の強いものは避けます。
脱水症状を引き起こすこともありますから、さきほどもお伝えしたように水分をこまめに摂取させるということは重要です。

入浴もできますが、水疱がつぶれてしまうとそこから細菌に感染してしまうこともあり、二次疾患が起こることもありますから、その点には注意する必要があります。
そのため、入浴した際にはなるべく皮膚をこすらないようにし、水疱が破れることは避けましょう。

手足口病は夏に流行することが多い病気ですから、発症してしまうと脱水症状になってしまうことが多いです。
周囲の大人がしっかりと気を付けてあげることで、症状を見抜き脱水症状も防ぐことが可能となるでしょう。
口の中が痛くて飲み物がなかなか摂れないということもあり、これが原因で更なる脱水症状を招くこともあります。

こうしたケースでは、ストローなどを使って水分補給させるという手もありますから、是非覚えておいてください。
また、まれに髄膜炎を発祥してしまうケースもありますから、頭痛やけいれん、嘔吐といった症状が出た場合にはすぐにでも病院に掛かるようにしましょう。

素人判断では危険なこともありますから、医師の診断をしっかりと受けましょう。