風疹

風疹の症状

風疹は感染後2週間から3週間の潜伏期間があります。
そして風疹の症状としては、発熱、全身の発疹が現れます。
一般には3日程度で消失するため三日ばしかという別名称も。

発熱は高熱が続くことがなく、微熱程度で終わることもあります。
耳の後ろや後頭部のリンパ節が腫れ、痛むこともあります。

風疹は一般には数日で治りますが、まれに血小板減少性紫斑病や急性脳炎を併発することがあります。
妊娠初期の女性がかかると、先天性風疹症候群の赤ちゃんになる可能性が高いです。

妊娠2か月以内の女性が風疹にかかった場合の先天性風疹症候群の赤ちゃんは、白内障、先天性の心臓病、難聴などを患っています。
また妊娠3カ月から5か月の女性が風疹にかかった場合でも難聴を患った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。
そのほか、網膜の病気、緑内障など目の疾患、肝臓や脾臓が腫れ、血小板減少性紫斑病などの病気をもった赤ちゃんが生まれてくる可能性も。

風疹は、症状が現れる前後約1週間の患者は飛沫感染を起こす可能性がありますが、伝染力はあまり強くありません。
また15%から30%の人は感染しても症状がでていないといわれています。
風疹にかかった自覚がないまま、周りの妊婦に移してしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

最近では、患者の8割が男性でしかも20代から40代の人が多かったという報告もあります。
症状は1週間ほどでおさまりますが、まれに風疹ウイルスが脳に炎症をおこす脳炎になるということもあります。

風疹の治療と予防方法

風疹には特別な治療方法はありません。
予防としては弱毒性ワクチンが接種されます。

1回の予防接種では、まれにウイルス感染を防ぐ抗体が十分に作られないこともあります。
そのため、1回の予防接種ではのちに風疹にかかることもあります。
また、予防接種を受けても、時間の経過とともに抗体が減少し風疹にかかることもあります。

2006年6月から1歳児と小学校入学前の1年間の幼児に、2回の風疹の予防接種が行われるようになりました。
しかし昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、集団接種が行われていないので、予防接種は全くうけていません。

昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人は自分で医療機関に行って予防接種を受けなければならず、接種率はとても低いといわれています。
そして昭和62年10月2日から平成2年4月1日生まれの人は、男女ともに幼児期に一度予防接種を受けることになりました。
全く予防接種を受けていない人、1回の予防接種では十分な抗体ができていない人などが、現在風疹にかかり一時期流行してしまいました。

風疹の症状かもしれないと思えば、すぐに病院へ行くことが大切です。
自分だけでなく、特に妊婦を守るためにも病院で診断、治療をすぐに行いましょう。