ロタウイルス感染症

任意接種で予防接種を受けることができる感染症

「ロタウイルス感染症」は、乳幼児の感染者が世界的に非常に多いことで知られる病気です。
先進国だけでなく発展途上国でも4~5才までの感染例が非常に多く、早い場合には生後6ヶ月くらいから発症します。

6ヶ月~2才くらいまでの乳幼児期に感染をした場合、重篤化する確率が高く入院を伴う治療をするケースも多く見られています。

危険な感染症であることから現在国より予防接種を推奨される「任意接種」として指定されています。
任意接種とは希望をした人が自費で受けることができる予防接種のことで、「ロタウイルス」は生ワクチンとして経口摂取をすることになります。

ロタウイルス感染症は非常に感染力が強く、罹患をすることで激しい嘔吐と下痢症状が起こります。
特に下痢症状は激しいものになるケースが多く、時に何日もつらい症状が継続したりします。
乳児の場合などはお米のとぎ汁のような白濁した水便が出るようになります。

こうした激しい下痢と嘔吐は脱水症状を起こしやすく、適度に水分補給をしていかないと痙攣や脳炎といった合併症も起こります。

合併症を伴うロタウイルス感染症は悪化すると命に関わる場合もありますので、軽く見ることは厳禁です。
脳炎が起こると命は助かっても重い障害が起こることもあります。

日本では任意接種のロタウイルスですがWHOでは子供が接種すべき最重要ワクチンと位置づけられています。
出来る限り予防接種は受けるようにしましょう。

ロタウイルスの感染経路と予防法

ロタウイルスが最も多く発症するのは寒い冬場です。
そのため「冬季下痢症」と言われることもあり、寒い時期に激しい下痢が起こったらまず疑うべき病名と言えます。

症状の進行はまず嘔吐が先に始まり、それから少し時間を置いて下痢が起こります。
発熱や咳、鼻水といった風邪によく似た症状が起こる場合もよくあります。

感染源であるロタウイルスは、関節接触もしくは直接接触によって感染が拡大します。
糞口感染によって感染するケースが多く、下痢の片付けをするときに近くにいる人に触れるなどして感染します。

その他にも飛沫感染で感染する例がありますが、ロタウイルスは患者の糞便の中に最も多く含まれているので世話をする保護者の方は十分に注意して処理をしてください。

ロタウイルスは潜伏期間が短いのに対し、体内に留まる期間が長いという特徴があります。
感染をして約2日ほどで症状が出ますが、その後早くても10日ほど、重度な場合は57日におよぶ長い期間体内からウイルスが検出されます。

赤ちゃんが感染したときに注意すべき点は「脱水症状の予防」と「お尻のただれ対策」です。
下痢と嘔吐は体内の水分を大量に失わせるので、イオン飲料や湯冷まし、麦茶といった体に吸収されやすいものをこまめに飲ませてあげましょう。