クループ症候群

犬の遠吠えのような独特の咳が起こる「クループ症候群」

「クループ症候群」は、喉の奥にある喉頭という部分にウイルスや細菌が感染して起こる炎症です。
喉頭に炎症が起こるとむくんで気道が狭くなってしまうことから、声が枯れて犬の遠吠えのような独特の咳が出るようになります。

この咳のことを「犬吠様咳(けんばいようせき)」と言い、その他にもオットセイのような声に変化することもよくあります。

子供の場合はもともと気道が大人よりも狭いことから、クループ症候群になるとこの症状が起こりやすく声が出にくくなってしまいます。

クループ症候群のその他の症状としては、呼吸しづらくなる、乾いた空咳が出る、声が枯れる、発熱を伴う場合があるといったものが挙げられます。

病原菌としてはウイルスならばパラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルスといったものがあり、細菌ならばインフルエンザ菌や溶連菌などです。

症例として多いのはインフルエンザ菌によるもので、インフルエンザが流行する時期に同時並行としてクループ症候群が起こるということも珍しくありません。

子供の喉が大きく腫れてしまったときには、気道全体を塞いでしまうということもあるようで、緊急対応として気管を切開することもあります。

重篤化をすると危険な病気であることから定期接種として予防ワクチンの「Hib」を打つことが推奨されており、全国の保健所や小児科で受診をすることができます。

夜中に眠ってから咳が出ることも

子供にとってクループ症候群が大変なのが、睡眠中に症状が出てしまうことも多いということです。
夜眠ってから2~3時間後に急に咳が出始めるということもよくあり、それが体力を落としてしまい治療を遅らせる原因になります。

発熱を伴う場合には39度近くの高熱になることもあり、呼吸をするときにヒューヒューと苦しそうな音が聞こえたりします。

ひどくなって呼吸が困難な状態になる前に小児科を受診すれば、早期に喉の炎症やむくみをとることができます。
処方されるのはステロイド剤や血管収縮剤で、投与または注射によって速やかな効果を出すことができます。

細菌感染によってクループ症候群になった場合には、感染予防のために抗生物質を投与します。
重症化してしまうと入院をして酸素吸入をしなければならなくなりますので、苦しそうな咳を繰り返すようになったなら早めに小児科を受診をした方がよいでしょう。

自宅で療養をする場合には喉の乾燥を防ぐことが何よりも大切です。
乾燥しがちな冬の時期などは室内に早めに加湿器を設置するようにし、こまめに水分補給をすることで喉に細菌やウイルスが入りにくい環境を作ってください。