カテゴリー: 子供の病気

  • 腸重積

    腸重積

    腸が重なり合って激痛が生じる病気 「腸重積」とは、体内の腸の一部が突然重なり合うことによって起こる病気のことです。 最も症例が多いのは小腸の末端部分にある回腸が大腸の始点である結腸に入り込んでしまうというケースです。 こ […]


  • 神経芽細胞腫

    神経芽細胞腫

    小児の腹部にできる代表的なガン 「神経芽細胞腫」は「白血病」「脳腫瘍」に次いで多くの小児が罹患する深刻なガンです。 特徴は小児の腹部にできるということで、1歳以下での発症例が非常に多く患者の大部分は5才以下です。 神経芽 […]


  • ロタウイルス感染症

    ロタウイルス感染症

    任意接種で予防接種を受けることができる感染症 「ロタウイルス感染症」は、乳幼児の感染者が世界的に非常に多いことで知られる病気です。 先進国だけでなく発展途上国でも4~5才までの感染例が非常に多く、早い場合には生後6ヶ月く […]


  • 溶連菌感染症

    溶連菌感染症

    3才~学童期までに多く発症する溶連菌感染症 「溶連菌感染症」は、「溶血連鎖球菌」という細菌が喉の中に入り込むことで発症する病気です。 発症が最も多いのは3才児~学童期までの子供で、罹患することで喉に炎症が起こり舌が真っ赤 […]


  • クループ症候群

    クループ症候群

    犬の遠吠えのような独特の咳が起こる「クループ症候群」 「クループ症候群」は、喉の奥にある喉頭という部分にウイルスや細菌が感染して起こる炎症です。 喉頭に炎症が起こるとむくんで気道が狭くなってしまうことから、声が枯れて犬の […]


  • 扁桃炎

    扁桃炎

    子供の発症数が非常に多い扁桃炎 「扁桃炎」は、子供の発症数が非常に多い病気の一つです。 正確には「扁桃腺炎」という喉の入り口付近にある扁桃腺に細菌もしくはウイルスがつき増殖をすることによって発症する病気です。 扁桃腺は口 […]


  • マイコプラズマ感染症

    マイコプラズマ感染症

    3~8年の周期で大発生する呼吸器感染症 「マイコプラズマ感染症」は、毎年冬の時期になると注意が呼びかけられる感染症の一つです。 2016年は過去10年で最も感染者数が多いとされるほど重大な感染拡大が起こりましたが、もとも […]


  • RSウイルス感染症

    RSウイルス感染症

    秋から冬にかけて流行する代表的な感染症 「RSウイルス感染症」は、1歳未満の乳児が感染すると重篤化の恐れがある非常に危険な感染症です。 感染自体は2歳以上から成人まで幅広く起こるのですが、特段に重篤化する恐れは少なく軽度 […]


  • インフルエンザ脳症

    インフルエンザ脳症

    毎年冬に流行するインフルエンザによる病状 インフルエンザといえば、毎年のように冬の時期に大流行するやっかいな病気です。 大人にとってもインフルエンザは脅威で、職場内で感染が拡大することにより大量に欠勤者が出ることで仕事が […]


  • 急性虫垂炎

    急性虫垂炎

    子供の時に多く起こる「急性虫垂炎」 「急性虫垂炎」は、通称「盲腸」と言われる腸の一部に起こる炎症のことです。 虫垂炎は年代を問わず誰にでも起こることがある病気ですが、発症例が最も多いのは10才台の子供です。 逆に2才以下 […]