カテゴリー: 子供の病気

  • クループ症候群

    クループ症候群

    犬の遠吠えのような独特の咳が起こる「クループ症候群」 「クループ症候群」は、喉の奥にある喉頭という部分にウイルスや細菌が感染して起こる炎症です。 喉頭に炎症が起こるとむくんで気道が狭くなってしまうことから、声が枯れて犬の […]


  • 扁桃炎

    扁桃炎

    子供の発症数が非常に多い扁桃炎 「扁桃炎」は、子供の発症数が非常に多い病気の一つです。 正確には「扁桃腺炎」という喉の入り口付近にある扁桃腺に細菌もしくはウイルスがつき増殖をすることによって発症する病気です。 扁桃腺は口 […]


  • マイコプラズマ感染症

    マイコプラズマ感染症

    3~8年の周期で大発生する呼吸器感染症 「マイコプラズマ感染症」は、毎年冬の時期になると注意が呼びかけられる感染症の一つです。 2016年は過去10年で最も感染者数が多いとされるほど重大な感染拡大が起こりましたが、もとも […]


  • RSウイルス感染症

    RSウイルス感染症

    秋から冬にかけて流行する代表的な感染症 「RSウイルス感染症」は、1歳未満の乳児が感染すると重篤化の恐れがある非常に危険な感染症です。 感染自体は2歳以上から成人まで幅広く起こるのですが、特段に重篤化する恐れは少なく軽度 […]


  • インフルエンザ脳症

    インフルエンザ脳症

    毎年冬に流行するインフルエンザによる病状 インフルエンザといえば、毎年のように冬の時期に大流行するやっかいな病気です。 大人にとってもインフルエンザは脅威で、職場内で感染が拡大することにより大量に欠勤者が出ることで仕事が […]


  • 急性虫垂炎

    急性虫垂炎

    子供の時に多く起こる「急性虫垂炎」 「急性虫垂炎」は、通称「盲腸」と言われる腸の一部に起こる炎症のことです。 虫垂炎は年代を問わず誰にでも起こることがある病気ですが、発症例が最も多いのは10才台の子供です。 逆に2才以下 […]


  • 髄膜炎

    髄膜炎

    定期予防接種によって防ぐことができる代表的な子供の病気 髄膜炎は、国が推奨している予防接種である定期接種の「Hib」によって防ぐことができる病気です。 髄膜炎には「細菌性髄膜炎」と「無菌性髄膜炎」の二種類があり、いずれも […]


  • アセトン血性嘔吐症

    アセトン血性嘔吐症

    突然何度も吐いてしまう自家中毒症状 「アセトン血性嘔吐症」とは、子供が突然吐いてしまうことが繰り返される病気です。 通称としてよく使用されている名称として「自家中毒」があり、他にも「周期性嘔吐症」といったふうに呼ばれるこ […]


  • はやり目

    はやり目

    5歳までの子どもは、はやり目になることも多い はやり目というのは流行性結膜炎ともいわれています。 はやり目はアデノウイルスという感染源がはっきりとしていて、感染してから長いケースで二週間ほど潜伏しています。 このような潜 […]


  • 胃腸炎

    胃腸炎

    子どもの胃腸炎は入院になることもある 大人でも胃腸炎を患ってしまうと非常に辛い日々を過ごさなければなりません。 食べることができなくなってしまい、少量の飲み物を飲んでもすぐに吐いてしまう、もしくはひどい下痢を起こしてしま […]